大切な予備校選び

手術服を着た医者

医学部に合格するためには、予備校選びが重要になります。自分に合った医学部予備校を選ぶために、抑えておきましょう。医学部予備校と言っても、夜間指導、全寮制、個別指導など、学校によって異なる部分は非常に多いです。それぞれの学校を深く知り、自分の性格を考慮した上で考えていきましょう。自分に合った医学部予備校を選ぶポイントとしては、授業のスタイルと自分の性格が合っているかどうかです。怠け癖がある人やマイペースな人なら、個別指導が適しています。対して、ライバルがいた方がモチベーションが上がる人は、集団授業が良いでしょう。医学部予備校には、個別授業と諸人数授業を組み合わせているところもあるので、そこも視野に入れておくと良いでしょう。予備校ごとの違いや、コースごとの違いをしっかりと見比べて、検討することが大切です。

人気の医学部予備校に通いたいと考える人も多いですが、その医学部予備校が自分に合っていない場合は、成果を上げることはできません。逆にそれほど知名度が無い医学部予備校でも、自分に適した学習方法なら、成果を伸ばすことができます。学費の安さや、合格実績などは気になる部分ですが、1番の目標は医学部の合格なので、学費や実績などに囚われないようにすることが大切です。医学部予備校は、地域によっても多さは違います。全国で最も医学部数が多いのは東京です。そのため、東京に状況することで選択肢の幅も広がります。上京するのも1つの方法ですが、実家から通学したり、寮に入ったりするなどの方法もあります。費用を抑えるなら実家から通学した方が良いですし、勉強に集中したいなら寮に入ると良いでしょう。