気になる学費

医者

医学部予備校の学費は、一般的な予備校と違って、受講生の偏差値や学習レベルによって変わります。国立校大学の医学部や難関大学の医学部を目指す場合は、特進クラスとして分類されることになり、そこで勉強していきます。それ以外を志望する受講生は一般クラスとなり、大勢の生徒の中で受講を受けます。基本的に一般コースよりも、選抜クラスや特進クラスの方が受験費用は大きくなります。医学部予備校を選ぶ際に、気になるのは学費です。学費の相場を把握しておくと、医学部予備校を選ぶ時に、学費が安いのか高いのか判断することができるので、知っておいた方が良いです。選抜コースや特進コースがある医学部予備校の費用相場は、年間で100万円〜200万円程度です。予備校によっては80万円程度で学べるところもありますが、ほとんどが150万円程度となります。ただ、医学部に合格した場合、学費として費用が1,000万円以上になるので、安いのか高いのか感じるのは家庭によっても異なります。

医学部予備校の一般コースの費用は、年間300万円〜600万円程度です。少人数制のところが多いのが特徴的で、クラス分けもされています。実力が高くなれば、その分費用も安くなる傾向があります。一般コースと選抜コースの分類は、実力や志望校です。全寮制の予備校の場合は、寮に入るための費用として、学費を別として年間100万円程度お金がかかります。年間100万円と聞くと非常に高額なイメージがありますが、住居だけではなく、食費などの生活面を考えると、それほど高くはありません。食事を手配してくれるので、健康面でも安心できます。